でびこのチクチクちまちま生活


手作り大好きでびこのちくちく・ちまちました生活記録です
by devi-white-lotus
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今まさに毎日カレーの人

f0107528_15481469.jpg
毎日カレーだったなぁって懐かしんでる場合じゃなかった。
我が家に、今まさに毎日カレーを食す人がいた。

うちのダーリンです。

無類のカレー好きかって?いえいえ彼は今、かつカレーで有名な洋食やさんに勤めております。知る人ぞ知る、かつカレー発祥の店、『グリル・スイス』!
本店は銀座ですが、彼がいるのは築地店です。昔ながらの洋食やさんって感じでカレー以外もおいしそう。
店名がスイスだからって、スイスにはまったく関係ないらしい(笑)

昔、巨人軍に千葉さんて選手がいたらしいのですが(野球は全然わからない)、その人が常連さんでカレーにカツを乗っけてくれと頼んだのが始まりらしいです。メニューには普通のカツカレーと『千葉カツカレー』と二種類あります。千葉カツカレーのほうがちょっと高い。でも、ひいき目なしで美味しいですよ~!実は昨日行きました。

挽肉のカレーで他ではちょっと食べたことない味です。
銀座店は混んでるので築地店へどうぞ~。値段も銀座より安い設定です。

場所はちょっとわかりにくいですが…。日比谷線の築地駅なら市場と反対の出口からすぐです。でも路地なので人に聞いたほうがいいかも。夜はダーリン一人で仕切ってることが多いので、このブログ見た!って言えば何かおまけがあるかも!?

…というわけで夜のまかないは、毎日カレーのダーリンなのでした…。
by devi-white-lotus | 2006-04-29 15:48 | ファミリ-

カレーの日々で学んだこと

カレーを毎日食べて…っていうか、同じ釜の飯っていうか…テレビの「ウルルン~」じゃないけど、全然血のつながらない人たちと寝食をともにするって、なんだか特別な絆を産むんだなって体感できました。
友達は結構ステイ先を変えたりしていたけど、私は(面倒臭かったのもある)一年間同じ家にお世話になりました。

もちろんいやな思いもしたし(子供好きな私がついこぶしを握りそうになるくらい生意気なガキだった)、窮屈な事(好きなときにトイレに行けずに膀胱炎になったり)もあったけど、帰国の時は抱き合って泣きました。
例え人種や言語風習が違っても、深く親しくなれるんだっていうことが、一番学んだことでしょうかね。
あと度胸もついたかな。

それからクラスにいろんな国から生徒が集まるんだけど、中国や韓国などのアジアの子達は他のヨーロッパの人から見たら見た目おんなじ感じでしょ?でも私たちは英語でしか会話できないのが不思議そうだったな。
それに悲しい歴史があるから親の世代とかには、お互いを毛嫌いする人もいるのがこれまた悲しい悲しい現実。でも私たちにはそんな事まったく関係なかった。仲良しだったし、大好きだった。
今でも、心ない政治家の言葉に抗議行動がニュースでながれたり、差別的な事を聞いたりするたびに、韓国人のリナや中国人のジャスミンを思って悲しくなります。国家なんていう大きなくくりじゃなく、一人一人だったら普通に友達になれるのになって。

でもそういう報道とかに自分が左右されない原点が、あの時作れたのは本当によかったと思います。

そして、毎日カレーでもなんとかいけるもんだなって事も、わけのわかんない自信につながってるかなぁ。
by devi-white-lotus | 2006-04-28 18:33 | 想うこと

毎日毎日カレーの日々・2

あの頃の事書いたらカレーが食べたくなりました。なので昨日はチキンソテーのカレー風味。(←短絡的)

あんなに毎日カレーだったのに飽きなかったなぁ。

そう、当たり前ながらインド人は毎日カレーを食べる。

しかもお母さんはベジタリアンなので肉類は入ってない野菜や豆のみ。一度、インスタントラーメンをこっそり作って怒られた。鍋に動物の匂いがつくからって。

チャパティ(クレープの甘くないやつ)を毎晩粉から作って焼いて(ナンは一回も家では出てこなかった)、つけて食べたり長い粒のご飯も毎日あったなぁ。お父さん・お母さんは手で食べてたけど、当時一年生だった息子と私はスプーンで食べてました。
そしてデザートにマンゴーのピューレ。私はマンゴーが大好きになった。

友達には「よく毎日耐えられるね」と言われたり、「スパイシー」なんてあだ名つけられたり(爆)したけど、大丈夫だった。だっておいしかったから。
カレーっていっても、肉が入ってなくても、いろんなバリエーションがあるんだなぁって、初めて知りました。毎日ゆでたポテトと焼いた肉というイギリス人の家より、数段よかったと思う。

今思えば、レシピ教えてもらえばよかったなぁと後悔です。

一つ今でももう一度食べたいなぁと思うのがあります。確か「ブリィ」って名前だったと思うけれど日曜の朝はいつもこれだった。揚げる前は餃子の皮みたいな感じの生地で少しスパイスで味がついてる。揚げるとプクーと膨らんでチャイに浸しながら食べるんです。チャイ作り担当は私でした。だから今でもときどき作ります。

はぁ、おいしかったなぁ。たぶん家庭料理なのでしょうねぇ。インド料理店では見たことないから。でも西葛西に行ったら食べられるかな。「ミスター西葛西」に聞いてみよう!
by devi-white-lotus | 2006-04-27 11:18

毎日毎日カレーの日々~懐古録~

今から18年程前、一年間ロンドンに留学してました。
それは初めての海外。なのに一人きり。それに香港トランジットもあって、まだまだ英語も自信のなかった私にとっては緊張の連続でした。
空港からステイ先までも、自分で探していかねばならず(今思うと誰か迎えに来てあげなよ~って思うけど)、初めての土地で重いスーツケースを引きながら(また石畳で引きにくい!)べそと汗とをかきかきやっと辿り着いた玄関。

「あれ?なんだかおいしそうな匂い?」

まあいっかとドアベル鳴らして出てきたご婦人はきれいなサリー姿…その瞬間、頭の中を物凄い勢いでいろんな思考と疑問が駆け巡り…へっ?インドの人なの?イギリス人じゃないの?英語の勉強しにきたのに?!聞いてないよ~(;_;)

聞いてないはずです。斡旋業者は家族構成や人種でステイ先を選り好みしないよう、名前と住所しか教えてくれないのです。確かに名前が英語っぽくないよなぁとは思ってたけど、まさかインド人なんて、イギリス人以外の家があるなんてことすら想像もしてませんでした。

さぁそこからが私のカレーな日々の始まりです…
by devi-white-lotus | 2006-04-26 18:40

謎が解けた!

私以外の両親や妹夫婦は江戸川区に住んでいます。
最近、インド人が増えたよね。なんでだろうねぇって話してました。
スーパーにも見慣れないスパイスやお米・豆なんかが普通に売ってます。

そしたら昨日の夕方のニュースで謎が解けました。
インドはコンピューター先進国で優秀なコンピューター技師が派遣で来てるんだそうです。
ほぇ~インド料理やさんに勤めてるとばかり思ってましたぁ。(←短絡的)

でもなんで江戸川?しかも圧倒的に西葛西が多いらしい。

その謎もとけた!なんと「ミスター西葛西」なる人物がいるからっ!だそうです。
呼ばれてインド料理店の奥から出てきたその「ミスター西葛西」は、立派なあごひげをたくわえたイスラームのおじいさんって感じ。在日25年!もちろん日本語もペラペラ。
彼が後から来る同胞のために、不動産やさんに掛け合って住まいを探してあげていたんだそうです。そうだよねぇ、外国人と言うだけで大家さんは敬遠するのが悲しい現実。その間に入ったり、文化の違いに悩む同胞の相談相手になっているんでしょうね。
まさにそこに人ありき。なんだか妙に感動しちゃいました(;_;)

インドにはちょっとした思い入れが…。
20才の時、ロンドンに一年間語学留学に行きました。
その時のホームステイ先のホストファミリーがインド人でした。
私の人生の中で毎日毎日カレーだった貴重な一年のお話は次の機会に…。
by devi-white-lotus | 2006-04-26 09:03

私のつよーい味方

私のキレイの味方を紹介します。I.P.Sという会社の石けんと美容液です。
f0107528_23395638.jpg
いつも展示会をやる広尾のギャラリーのお姉さんが薦めてくれた物ですが、量子力学者が考えた物だそうです。電子を発生させて、衰えたり病んだ所を元に戻そうとする働きがあるといわれました。最初は半信半疑でまぁ使って良かったら続けよう・・・くらいの気持ちでしたが、使い始めて早2年。
今はもう手放せませ~ん。

それまで、化粧水・乳液・目元用美容液・ボディ用クリーム・・・といろいろ使ってましたが、今はこれだけ。なんと石けんは顔や体を洗うだけじゃなく、髪もそれから歯磨きもこの石けんを使ってます。さすがに歯磨きはミント味に慣れているので抵抗がありましたが慣れると大丈夫。歯茎が引き締まる感じがします。

私はキャンディ・キャンディ(年がばれる?)も真っ青のソバカス顔でした。
まぁ、それがトレードマーク!くらいに気にしてませんでしたが、年いくにつれてまさに「シミ」って感じになってきたので、やっぱりエステとかそろそろ行かないとダメかなぁと思っていました。
でもこれを使い始めてから、朝用・夜用の美容液があるだけで楽チンだし、そばかすもだいぶ薄くなったように思います。眼の下のたるみもなくなったかな。
芸能人もこっそり使っているようですよ。あの方たちは自分のよい物はなかなか教えないみたいですからね。だってみんなライバルですもんねぇ。
私の周りはけっこう口コミで広がりつつあります.
by devi-white-lotus | 2006-04-25 10:57 | キレイ

いっき読み!

f0107528_16375635.jpg
はぁ、おもしろかったぁ(^ー^) 遅れ馳せながら『ダヴィンチコード』読みました。出張中の飛行機や移動の車でも読まずにはいられないって感じで・・・。映画が待ちどおしいなぁ。
ベストセラーってなんとなく流行にとびつく感じがして、なんとなくかっこ悪くて避けがちです。結局なんだかんだいってリリー・フランキーの「東京タワー」も読んで計らずも号泣だし、吉本ばななも村上春樹も大好きなんですが・・・。
この本もおもしろそうだなぁと横目で見つつも素通りしてました。でも知り合いが貸してあげるから読んでみて~というので「そ・そうですかぁ?」って読み始めたら・・・止まらないぃぃぃ。

もともと暗号とかパズルとか謎解き大好き!映画でも、最後の方で「あれはこういう意味だったのか~」って謎がポロポロと解けていくのが好き。観る人が結末は想像してねってタイプはどうもスッキリしません。

この本の何がどう面白かったかは読んでない人のために書くべきじゃないと思うけど、私が常日頃矛盾してるなって思うキリスト教や歴史上の出来事など、もしこの本が正しかったら納得いくなぁって思いました。歴史上の出来事って今ではもう立証する人がいないわけだから、過去の文献や研究者の意見なんかに頼るしかないんだけど、そんな事はどのようにも捏造できえる訳だし、ましてやその裏に強大な権力やお金が絡めばなおさら。
正しい事実を残そうと芸術(絵画・音楽・建造物など)にメッセージを託す・・・どんな想いだったのかと思いを馳せるとドキドキする。

ところで、日本の警視庁にも「暗号解読官」っているのかしらねぇ。
by devi-white-lotus | 2006-04-24 17:18 | 想うこと

ただいまぁ

2泊3日の出張を終え、今日帰ってまいりました。熊本にいる間は携帯で記事を更新していたので、家に帰ってあらためて見てビックリ!ぐるぐるの画像がでかいよ~。さっそく直しましたけど。

それに食べ物の事ばっかりで・・・。ブログのタイトル変えた方がいいかな「でび子の食いしん坊日記」とかなんとか・・。だって、ほんとになんでもおいしいんですよ~。
f0107528_10245820.jpg特に差入れでたくさん甘いものを頂くのですが、こじゃれたスイ-ツ系が多いし、また和菓子系もおいしい!!
そうかと思えばトマトまるかじりでまたまた感動のおいしさ。「塩トマト」といって塩分を含んだ水で育てられて、甘さが増すんだそう。案の定、体重も増す・・・トホホ。
お土産に馬肉の燻製・いきなり団子・カラシ蓮根・アベックラーメン・・・だめだこりゃ(by長サン)

次は秋にまた行きまーす。次は福岡にも行くかも!?また福岡もおいしいものたくさんなんだよなぁ。こまっちゃうなぁ(よだれ)
あっ、ちゃんと仕事もしてますよぉ。
by devi-white-lotus | 2006-04-23 22:50 | お仕事

熊本・うまかもん

f0107528_1723259.jpg
写真は「人文字のぐるぐる」です。妹が注文するのを聞いて「はぁ~?」と思わず聞き返しました。
人文字(人って漢字に似ているらしい)っていうねぎとにらの中間みたいな野菜を、棒状にぐるぐるまいてあるとです(←影響されやすいタイプ)
酢味噌をかけて…シャキシャキだけど筋ばってないし臭すぎなくてたいがいうまか~!!

まだまだ知らないおいしいものってあるんだなぁ。
by devi-white-lotus | 2006-04-22 19:09 | お仕事

熊本展示会

f0107528_12325226.jpg

毎年春と秋に2回、熊本で展示会をするようになって15年以上。会場はさまざま変えてきましたが、中にはひどい条件のところもあり、当たりはずれがありますが、今回の熊本工芸会館は当たり!
日当たりも良く広さも適当で、落ち着いた清潔感によって絨毯もより良く見えます。
今日はあいにくの雨ですが、通りすがりに入ってくださる方もいらして「ペルシャ絨毯を一度にこんなたくさん見るのは初めて!」と感激してくださいました。そんな方にはいつもペルシャ絨毯の歴史やら目利きの仕方、産地の説明、模様の由来やそれにまつわるエピソードなどなど…お時間の許すかぎり説明させていただいてます(説明するのは主に母か妹ですけどね。私は力仕事と相づち係)。そうすると、ただ高いだけじゃないというペルシャ絨毯の魅力がわかっていただけると思います。みなさん「見るだけで申し訳ない」とおっしゃいますが、そんなこと気にしないでください。何度もいろんな絨毯見ていただいて、納得のいく一枚を見つけてほしいのです。うちは市価の半値とはいえ、決して安いお買物ではないですからね。
それに基本的に見せたがりなんです。母が好きで始めたお仕事ですから、自分が惚れ込んで買い付けてきたかわいい子達を見せびらかしたい…親ばか的心境でしょうねぇ。
みなさんも是非、お近くで展示会の際は見にきてくださいませ!
by devi-white-lotus | 2006-04-22 12:32
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク
APRICOT~アプリコ~日誌

シャディ・ベアHP

angelarのおいしい日記〈http://angelars.blog103.fc2.com/〉





検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧