でびこのチクチクちまちま生活


手作り大好きでびこのちくちく・ちまちました生活記録です
by devi-white-lotus
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

充実した一日

やっと『パイレーツ・オブ・カリビアン~ワールド・エンド~』観に行きました。

行ったのは豊洲ららぽーと内にある「ユナイテッドシネマ」
映画館が入ってるのは知っていたけど、実際行くのは初めてです。

なんだかおもしろい作り。120人~250人位のスクリーンのある小さめの部屋がいくつもあって、それぞれ自分の観る映画がやってる部屋に入ります。
新しいからいい椅子で、3時間弱あってもまぁおしりの痛さはましでした。

部屋ごとにやってる映画が違うし、それぞれの入り口に係員がいるわけじゃなかったので、一応指定席だけど空いてたら観れちゃわないのかしら?
余計な心配だわね。

内容は?
ネタバレしたらいけないから、おおまかな感想だけ。

ディズニーらしい娯楽映画って感じで楽しめましたよ。1・2観てるけど忘れちゃってるキャラクターや人物背景なんかもあるので、直前に観ておさらいしたほうがより楽しめるかも!?

ジョニー・デップも『シザーハンズ』の頃から好きだけど、やっぱりオーランドが光ってましたよ~!!
前作より更に強くなった逞しい男らしさが加わって、ドロドロ真っ黒な海賊たちの中で際立って美しーー!!

3時間も結構あっというまでした。
これから観る人はちゃんとエンドロール終わるまで観てね!ふふふ。


そしてそのあと、豊洲ららぽーとは初のダーリンとぐるぐる見てまわりました。イベント会場に『そねね(ギャル曽根ちゃん)』が来るって書いてあったけど、時間的に余裕が無かったので諦め、豊洲から一路ゆりかもめに乗り、青海駅へ。

f0107528_12542864.jpg


ゆりかもめから見た夕景。

f0107528_12295662.jpg

前からダーリンが見たがっていたグレゴリー・コルベール『ashes and snow』(the nomadic museum)。

マイミクさんの日記でこの週末が最後と知って、あわてて予定に組み込みました。

象の前で本を読み聞かせている少年の写真が有名ですね。

会場となったノマディック美術館は日本人建築家・坂茂(ばんしげる)氏によるもの。
152の貨物コンテナーを使って組み立てられたこの移動式美術館。
不思議な雰囲気を醸し出していますね。

さすがに最後の週末とあって人もたくさん。
チケット買うのに30分。入場するまで15分位かな・・・並びました。
コンテナーの仮設美術館と言うことで、中がとても暑いと聞いていましたが、この時は夕方ということもあってか、そうでもなかったのは幸いでした。
汗だくで見るのはちょっと集中力半減ですものね。

中に入るととても幻想的な音楽と、手漉きの和紙に焼きつけたと言う写真の数々が一瞬にして異空間へ入ったかのよう。

でも・・・悲しいかな都会っ子の私には、にわかにこの写真が単に「人間と自然の交流」とは感じられないのでした・・・。

まず『恐い』という感情がぬぐえない。
チーターや象と戯れたり寄り添ったりする少年や女性に、襲いかかったりしないのかしら?

映像は特に臨場感があり、何頭ものハイエナの中で踊るトランスダンサーを見ていられない。
恐くって。

チーターの群れの中に母親らしき女性と幼い子が座っているのはホントに恐くて、次第に『こんな危険な状況に女子供を置いて!』と怒りさえ湧いてくる。変ですかね?

単純に象に読み聞かせている少年の前で、ひざまずくように座っている象の写真は幻想的で素敵なんです。

もしこれが自然に起きている日常ならば・・・。

アフリカのサバンナにもしそういう部族の少年がいて、それを見つけ出して撮った写真なら素直に感動するけど、撮影として『ハイ、じゃあ君はそのきちんと調教されてる象さんの前で本を読んであげるていで・・・』っていう撮影風景が想像されちゃって・・・。
あーーー夢のないヤツですみません!

なんだかモヤモヤしたまま外に出るとすでに夜。

二人ともものすごくお腹が空いてる事に気づき、ビーナスフォート内のブフェスタイルのレストランへ。
いわゆる食べ放題であんまり成功した経験はないものの、地中海料理ということに若干の期待と、ものすごくお腹が空いてるから背に腹はかえられぬ・・・という事で決めました。

そして最近よくテレビでみかける「チョコレートファウンテン」を発見!!
f0107528_1344166.jpg

ちょっとテンションあがります。

お味は?
うーーーん、うーーーーん、食べ放題の料理を作る人って、やっぱりその料理に気持ちを入れづらいのかなぁ・・・なんてわかってるのかわかってないのかわからない感想述べつつ・・・ダーリンはつい食べ放題マジックにかかって食べ過ぎて苦しそうでした。
お魚のフライは美味しかったです。

チョコレートファウンテンは、チョコの質が重要です。トホホ。


・・・とまぁ、ひねくれた感想ばかりになってしまいましたが・・・。
なかなか週末に二人でまとまった時間が取れないので、久しぶりにデートっぽくて楽しかったですっ!今度は観覧車にもね!
f0107528_13122216.jpg

by devi-white-lotus | 2007-06-25 12:26 | 想うこと
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク
APRICOT~アプリコ~日誌

シャディ・ベアHP

angelarのおいしい日記〈http://angelars.blog103.fc2.com/〉





検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧