でびこのチクチクちまちま生活


手作り大好きでびこのちくちく・ちまちました生活記録です
by devi-white-lotus
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ソーイングセラピー

f0107528_061786.jpg

今日は、引っ越し祝いでいただいた商品券を握り締め、新宿まで買い物に行きました。

どうしてもいいのが見つからず、まだ買えずにいたスリッパやトイレ用のマットやらを揃えたかったので。

新宿、正直苦手エリアですぅ。特に欲望渦巻く歌舞伎町辺りが(笑)!
なのでなるべく駅から離れない辺りで物色していたら、三越の上に『ジュンク堂』発見!

敢えなく誘惑に負け、寄り道しちゃいました。

さすが専門書に強いジュンク堂!
手芸関係も各分野(編み物・刺繍・パッチワーク…なんでもかんでも)に於いて豊富な品揃えでした。

目新しいものを立ち読みしていたらふと目に留まったカラフルな表紙とタイトル

『ソーイングセラピーBOOK ナミダフイテ』

ソーイングセラピーかぁ…聞いたことないけど私はソーイング(裁縫)をすることでストレス解消したり癒されたりするなぁ。


中身を見てみると、縫いぐるみの作り方の本だけど、可愛いうさちゃんの横にポエムが書いてあった。


『きみが泣いてたときのハンカチで

お洋服をぬってきた。

悲しい思い出が

すこしでもニコリにかわるように。


捨ててしまうのは簡単だけれども。』


はい、ど真ん中。
私がやりたかったことって、こういうことだったんだ。

ただ作ることが好きなだけじゃないんだ(もちろん単純に作業としても好きですけどね)。
きれいに上手に作りたいんでもない。コンクールもあんまり興味ない。

作ったものを手にした人が泣き止んだり、ププッて思わず笑っちゃったり、可愛い~って目がハートになったりするのが見たいんだ。

なんだかちょっと光が差した気がして、そして道が見えた気がして嬉しくって涙が出てきた。
本屋でよく泣くなぁ、私。

自分で使うものより、人にあげるものを作っているときの方が楽しいのはそういうことなんだ。自分で使う実用のみの可愛くないエコたわしとかがたくさん作れないのも、つまんないからだ。人が喜ぶ顔が期待できないから。

そして以前から、子供たちを集めて裁縫教室とかやりたいなぁって漠然と考えていたけれど、単に縫い方とか技術を教えるのはなんだか違う気がしていた。

そうじゃなくて、自分の好きなように布や毛糸を使って自分を表現したり、大切な人にプレゼントしたいという気持ちを形にするお手伝いをすればいいんだね。

画像の本の横にある縫いぐるみ、引っ越し作業中に出てきた次女の作品です。
彼女がよく履いていた、おばぁちゃんにもらったピンクの靴下を履かせた軍手の人形です。

終わりがないような段ボール詰めの作業に疲れ、腐り始めた頃でした。
でもそのあまりの不恰好さに一同大爆笑!涙が出るほど笑って、また元気になっちゃった。

縫い目もでっかくて、ズボンなんて縫ってすらなくボンドで留めてあるだけ。
目も片方とれちゃってるけど、いいよね。

お気に入りの靴下が、元気に走り回る彼女と直結してる。お日さまの匂いがしてきそう。


きっとそういうことだよね、うん。

まぁ私は大人なので、それなりの経験や技術をせっかくだから使いながら、それはヌイグルミという形じゃないかもしれないけど、手にした人がつい笑顔になってしまうものを作っていきたい。

下を向いて泣いてる人に、『泣かないで』とか『頑張って』とか言わなくても、渡しただけでつい笑っちゃうものをつくれたら…キャハハ、とりあえず想像してる私がニヤニヤしてきた!


まさに、ソーイングセラピーだ。
by devi-white-lotus | 2007-05-25 00:06 | ちくちく
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク
APRICOT~アプリコ~日誌

シャディ・ベアHP

angelarのおいしい日記〈http://angelars.blog103.fc2.com/〉





検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧