でびこのチクチクちまちま生活


手作り大好きでびこのちくちく・ちまちました生活記録です
by devi-white-lotus
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

なんで魂揺さぶられるのか?・・・についての考察

ライブ終わって4日経ってますが、まだまだ体の奥のほうでふつふつとアンジェラ熱が燃えている次第でして・・・。
今日は仕事でたまたま麻布十番に行きまして(チャリで)、VIRGO事務所を見上げながら(そこまで行ったんかいっ!)、SONY MUSIC乃木坂スタジオを横目で睨みながら「アンジェラちゃん、まだ名古屋かなぁ」とか思いながら帰って来ました。
いつか絶対街でバッタリ会ってやるっ!!首から提げたMY HOME KEYを握り(鍵っ子でび子)、誓ったのでした。
はぁぁ・・・いつまでもアンジーネタでごめんなさーい。

タイトルは大げさですが・・・、なんでこんなに揺さぶられちゃうの??って訳がちっとわかった気がするので書いてみます。

アンジーのライブが終わった後、ダーリンと「技術的にうまい人はいくらでもいるのにアンジーがこんなにスペシャルなのはなんでだろ??」って話したってのは前の記事に書きましたね。
その時は「何でだろうねぇ??」で終わりました。

でも次の日、ある別のアーチストの演奏を聞く機会がありました。
世界的に有名なジャズプレイヤー(アメリカ人)2人が日本に来ていて、その人の人生の師匠とも言える人(日本人)のために作った曲を演奏するという場面でした。
そしてその他にも、(たぶんアメリカで活躍しているシンガーでしょう)5人くらいがその師匠の好きなそして思い出深い古ーい日本の歌を日本語で歌っていました。
もちろんプロの方たち、しかも世界的に有名な方達なので演奏は素晴らしいですよ!
でもそれ以上に心を打ったのは、その演奏・歌に込められた「想い」でした。

その日本の人物は70代後半の老人です。
彼は音楽家ではありませんが、そのアメリカ人のミュージシャン達の演奏のお礼にと、急にピアノの前に座りました。
そして彼らが歌ってくれた歌をピアノで弾き始めたのです。
右手は親指のみでメロディを、左手はメロディーにリズムだけ合ってるものの和音とか関係なく同じ音を叩くだけ。最後の部分はわからなくなってしまって「練習不足だな」と笑いながら・・・、でももう一度弾きました。一生懸命に。
演奏としてはお粗末かもしれません。
でも、その演奏に込められた「想い」がびしびしと伝わってきて、なんだか涙が溢れて仕方なかった。

双方とも感謝であったり敬意であったり、愛であったり…あふれんばかりの純粋な想いがそこにいた人々の心をも打つ感動的な場面でした。

やっぱり、やっぱりPOWER OF MUSIC の一番の要は伝えたい「想い」や「祈り」の純粋さと強さなんだね。
その「想い」は時に悲しみだったり嘆きだったりのdark-sideな想いかもしれないけど、それはそれで同じように傷つき悲しんでいる人と一緒になって苦しむ事で癒されたり払拭されたりもする。
すごいよね。

人類は太古の世から歌い踊り、自然の脅威や何か峻厳なものへのリスペクトを表現してきました。
現代までいろんなジャンルに進化しつつも音楽の根底に流れるものはきっと一緒なんじゃないかな。
だから、きっと私はどんなジャンル(クラシック・レゲエ・演歌・J-POP・合唱曲・ラテン・ハワイアン・HIPHOP・ROCK・R&B・JAZZ・・・もおいい?)でも、その時の心の琴線に振れる時に、ガツーンとやられちゃうんだな。


その師匠が演奏後に、深々と頭を下げありがとう・ありがとうと言う姿と、アンジーが武道館決定発表の後に、顔をくしゃくしゃにしながら頭を何度も何度も下げて「みんなのおかげです。ありがとう!!」って言う姿が重なりました。

偉大な人は決してえばったり、奢ったりしない。
謙虚で純粋で強いです。

そんな人たちにたくさん出会えた事に、心から感謝です。
そして私もそうありたいと思います。
現実は、そんな偉大さに触れながらも、私自身はなんとちまちまチクチクな生活なのか…そのギャップに苛まれながらも偉大なチクチクを目指せばいいっかって気持ち整理したりしてます。

結局、何が言いたいんじゃ?!?!


MUSIC FOREVER!!!(ピース)
by devi-white-lotus | 2006-10-17 00:26 | アンジェラ・アキ
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク
APRICOT~アプリコ~日誌

シャディ・ベアHP

angelarのおいしい日記〈http://angelars.blog103.fc2.com/〉





検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧