でびこのチクチクちまちま生活


手作り大好きでびこのちくちく・ちまちました生活記録です
by devi-white-lotus
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

幸せへの道

“幸せ”の基準て人それぞれ違うと思います。

真面目な話、第2弾。
例えば私の父。50代働き盛りに脳溢血で倒れ、右半身不随になる。はじめは寝たきりで言語障害もあったけど、リハビリ頑張って歩けるようにも話せるようにもなった。おまけに左だけで車の運転も出来るようになり、あちこち行ってしまう。現在70代後半。
不自由なのに妻には見放され(母にはそれなりの理由もある、念の為)、娘たちもそれぞれの家庭を持ち、今はアパートに一人暮らし。一日おきに来てくださるヘルパーさんが、身の回りの彼が出来ないことをしてくださっているけど、最近転倒して骨折。現在入院中である。
これだけ書くとなんだか不憫な老人の話かもしれない。
でもそれははたから見た勝手な物差しによる解釈で、本人はそうではないらしい。
ここに書ききれないほどもっと大変なこともあって一見『不幸な事オンパレードな話』だけど、彼にとっては『数々の困難に負けなかった体験談』であり『武勇伝』なわけです。それを話すことによって、誰かが勇気づけられたり頑張ろうって思うことで、彼もまたパワーになっているみたい。
実際○○市民会館みたいなところで呼ばれて講演したこともあります。
今回の入院も今は痛いし、大変な問題も勃発したりしてますが、きっとすべてが終わった後には、さらにパワーアップして、新たな武勇伝ネタになっていることでしょう。
周りは心配だしやきもきもしますけどね。

でもきっと同じ年代の方が同じ状況になったら、自暴自棄になったり、弱っちゃったり嘆いたりすると思うんです。
たけど彼は困難な壁がやってくると『ほい、きた~っ!』って思える。その強さは幸せの原動力ですよね。ものは考えよう…の域は越えて、哲学さえ感じます。

逆に、はたから見るとお金もあって大きな家に住んでてとっても幸せそうな人でも、内側にものすごい憎悪を抱えていたなんて事ありますよね。やっぱり幸せかどうかなんて、その人の考え方如何でどうにでも変わる気がします。

占いとか、初詣とかで人はいかに災難に遭わないようにするかに心を砕きますが、大変なことが一切無い人生なんてありえないと思います。
それよりもどんなに困難なことがあってもそれに『負けない』って事のほうが重要じゃないかな。
「勝たなくてもいい。絶対に負けない人生を!」私の人生の師匠の言葉です。

負けない強さを持っている事が『幸せ』につながると私は思います。
いや~、とは言え負けそうになることもありますよぉ。きっと一人だったら簡単にへこたれるでしょうね。そんな時に一緒に泣いたり喜んだりしてくれる家族・友人・仲間・師匠がいること、それこそが『幸せ』です。

みんな『ありがとう』

なんだか言い残す言葉みたいになっちゃったなぁ。
まだ死なないよ~(^_^)/
by devi-white-lotus | 2006-06-08 10:30 | 想うこと
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク
APRICOT~アプリコ~日誌

シャディ・ベアHP

angelarのおいしい日記〈http://angelars.blog103.fc2.com/〉





検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧